So-net無料ブログ作成
検索選択

18歳未満の犯罪被害

インターネットの交流サイトなどを通じて、18歳未満の少年少女が被害者となる事件が今年1~6月の上半期で730件、被害者数は601人に達し、それぞれ前年同期より99件、56人増えた。警察庁が19日発表した。上半期としては統計のある2008年以降の3年間で最多。警察庁は関係企業にネット出会い系サイト利用状況の監視強化を要請する。一方で、いわゆる「出会い系」サイトを通じた事件は減っている。 交流サイトには、ネット上で自己紹介や日記、写真などを通じて交流を広げるソーシャル?ネットワーキング?サービス(SNS)やゲームサイトなどがある。



 警察庁によると、交流サイトを使って18歳未満の少年少女が被害に遭った事件は、青少年保護育成条例違反が440件で最多となり、昨年同期より51件増えた。児童買春は121件で8件減、児童ポルノの被害は130件で65件増えた。被害者の低年齢化が進み、上半期では14歳以下が184人で、全体の約3割アダルトサイトを占めるという。 福島県では2月、会社員の男(40)が、SNSで知り合った女子高校生(16)をホテルに連れ込み、みだらな行為をしたとして逮捕された。神奈川県でも、2月にゲームサイトなどで知り合った女子高校生(16)にわいせつな写真を送信させて児童ポルノを作ったとして、無職の男(37)が逮捕された。



 一方、「出会い系サイト」関連の事件は538件で、過去最少だった昨年上半期より106件減。被害児童は141人で、前年同期よりも124人減った。08年12月に出会い系サイト規制法が改正され、年齢確アダルト認の厳格化や届け出の義務化など規制が強化された効果が出たとみられる。警察庁は大手交流サイト事業者計10社に対し、監視体制強化を要請。教育関係者らにも、保護者や児童に対して交流サイトの危険性を知らせるよう要請しており、さらに取り組みを進める。



インターネット上で無料で利用できる「レンタル掲示板」サービスが無届けの出会い系サイトとして悪用され、未成年者がアダルト動画犯罪に巻き込まれるケースが相次いでいるとして、警視庁少年育成課は17日までに、東京都内の9事業者に監視強化などの協力を要請した。同課によると、事業者の多くが掲示板の数を把握しておらず、「出会い系」として利用されていないか監視する体制も不十分だった。



同課は今月2~6日、9事業者に対し書面で、問題があるサイトを閉鎖し、利用者に違法な使い方をしないよう指導すアダルトることなどを求めた。昨年、警察庁が業務委託する「インターネット?ホットラインセンター」が、掲示板に児童にわいせつな行為を持ちかける書き込みがあったとして通報した1226件のうち、1141件(93.1%)がレンタル掲示板を利用。検挙事例でもレンタル掲示板を悪用するケースが増えている。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

某ドカタ


Hしてお金もらえるって最高だな!!!!
ぶっちゃけテキトーにやっても月30万越えとか余裕だし(笑)

もう仕事辞めて、これ一本で食ってくわ!!!!(* ̄ー ̄)v
http://z8df4ab.fukushima.coresy.net/z8df4ab/
by 某ドカタ (2011-04-03 09:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。